Web Analytics Made Easy - StatCounter

atomの桧家住宅でZ空調なブログ

Z空調に惚れ込んで桧家住宅でマイホームを建てました。桧家住宅|スマートワンの特長や家づくりに参考になる情報を発信します。

桧家住宅での土地探しとプラン作成はどう進む?

スポンサーリンク

f:id:atom_hino:20200806215518p:plain

こんにちは、atomです。今回は30件目の記事です。ちょっとした節目なので記念にアイコンを作成しました!そして私の妻を紹介します。

はじめまして、atomの妻です。いつも夫がお世話になっています!

家系ブログを始めて約2ヶ月。30件目の記事ですよ、いかがですか?

よく分かんないけど、なかなか頑張ってるんじゃない?てか、顔黒くね?

えー?こんなもんじゃない?まあいいや、今日のテーマに入ります!

マイホーム検討にあたり、もともと私たちは土地を持っていませんでした。そのため、注文住宅は土地探しからのスタート。今回は「桧家住宅では土地探しとプラン作成はどう進むのか」私たちのケースを紹介します。

スポンサーリンク  

 

桧家住宅で契約に至るまでの流れ

前提としては私のような土地を持ってない人向けの話になります。桧家住宅との商談で私が経験した流れは以下でした。

  • 桧家住宅へプラン作成を正式に依頼する
  • 桧家住宅&不動産業者と一緒に土地探しをする
  • 気になる土地を見つけたら仮押さえを依頼する
  • その土地を基に桧家住宅からプラン作成・概算見積りをもらう
  • プランが気に入ればここで初めて工事請負契約を結ぶ

個人的にはこの流れに特に違和感はなかったです。むしろ私たちは土地の知識は全然ありませんでしたので、桧家住宅には土地探しを手厚くフォローしてくれてとても助かりました。

 

桧家住宅「ベストプラン」申し込み

桧家住宅との2回目の打ち合わせの際にプラン作成を正式に依頼することに決めました。桧家住宅で土地探し・間取りプラン作成を頂くためには「ベストプラン」の申し込みが必要です。この申し込みには1万円が必要でした。1万円を支払って以下の書類を頂きます。

f:id:atom_hino:20200813154442j:plain

厳密には1万円は支払いではなく「お預かり」という位置づけになります。この1万円は後に契約書の印紙代として消費されることになります。もちろんこの時点ではまだ桧家住宅とは未契約の状態です。

 

不動産業者さんと対面

桧家住宅との打ち合わせで営業さんから不動産業者さんを紹介頂きます。 最初は土地について完全無知な私たちへのレクチャーからスタート。

  • 建物を考えず先走って土地単体で買わないでください
  • 旗竿地はあまりお勧めしていません
  • 瑕疵担保責任の期間に注意しましょう
  • 土地を決める前に昼と夜の様子を両方確認しましょう
  • 直感で"何か嫌だ"と感じたり違和感を覚えたら見合わせましょう

などなど。家を建てるのに望ましい土地・そうでない土地、判断の際の注意点について説明を頂きました。

特に念を押されたのは1つ目。「もう土地買っちゃったんだけど」とハウスメーカーに相談に来て、土地を調べたら家を建てられずどうにもならない人たちが結構いるらしいです。ホンマかいな。

ちなみに私も知らなかったのですが旗竿地はこんな形の土地です。文字通り旗っぽいですね。間口が狭くて奥が広くなってるイメージです。

f:id:atom_hino:20200815153516p:plain

そういえば、うちの実家の土地もこんな感じだねー。


また、今回の土地探しの方針についても不動産業者さんから教えて頂きました。

  • 事前に桧家住宅さんと私(不動産業者)が一緒に土地を下見します
  • 下見で桧家住宅さんが家を建てられる土地であることを確認します
  • 下見でNGだと判断した土地は紹介しません
  • その土地が売りに出ている背景は確認します
  • 近隣環境に問題がなさそうかは確認します
  • 計画道路があるかは確認します
  • 売り主に問題がなさそうかは確認します
  • 過去の冠水履歴の有無は確認します

続いて、私たちの希望する土地の条件のヒヤリングが始まります。

 

atom家が希望する土地の条件

ここは悩ましいよね。良い条件の土地だと当然値段が高くなるし。

希望条件に優先順位をつけて必須とそうでないものに分けてみようか。

  • 最優先事項は、自宅でBBQをしても問題ない環境
  • エリアは〇〇県〇〇市や〇〇市あたりで探してほしい
  • 予算は土地建物含めた住み出し価格が~4000万円を上限
  • 夫婦それぞれ都内の職場へ通勤時間1H程度・乗換上限は2回
  • 子供が小さいので車通りが多い道路沿いは避けたい
  • 駅徒歩15分以内の場所

整理したけど大体こんな感じでどう?

まぁいいんじゃない?BBQやりたいね!

実は自宅でBBQはatom妻たっての希望だったりします。

 

いざ土地探しの旅へ

桧家住宅営業さん・不動産業者さんと地域の住宅展示場の駐車場で待ち合わせします。我が家の車は置いて、不動産業者さんのミニバンに子供たち二人分のチャイルドシートをセット。桧家住宅営業さんと一緒にミニバンに乗り込んで出発。条件に合いそうな土地を車で見て回ります。

「着きました、ここです(到着のタイミングで物件情報のチラシをもらう)。」
「この土地は〇〇坪です。ここが境界で、範囲はここからあそこまでですね。」
「既存建物があるので解体費用は別途必要です。」
「南道路で日当たりはよさそうですね。」
「この土地の広さと形ならスマートワンで建てられますね。」

といった形で、紹介される土地に到着するとこのような説明を受けます。1回で大体3~4件ほど土地を見学しました。最終的には紹介された土地は20件くらいになると思います。2018年の8月の暑い中、0歳と2歳の小さい子供たちを連れての土地探しはなかなかハードでした。

 

そして土地・ハウスメーカー最終決断へ

紹介頂いた土地の中から気になる土地が出てきたので仮押さえを依頼。アドバイスをもらったように、夜にその土地を一度見に行くこともしました。

そして桧家住宅からプランを提案頂きます。規格型商品のスマートワンが建てられるとのこと。同時並行して検討していた他社プランとの比較表を作って妻へ共有します。 

もー、考えれば考えるほど分からなくなってきた・・・(悩

最後は直感じゃない?ここまで考えたんだから後悔しないよ。あとは任せた!

 

妻に発破を掛けられつつ、ものすごく悩んだ結果、最終的に桧家住宅で建てることを決断しました。この決断で使ったエネルギーはハンパなかったです。

 

以前Twitterの方で投稿しましたが、不動産業者さんが探してきて私たちが桧家住宅で建てた家の土地はこんな感じです。
f:id:atom_hino:20200816001722p:plain

特長として、スマートワンが建てられる、第一種低層住居専用地域、南向き、間口が広い、形が正方形に近いのが嬉しいポイントでした。

なんとなく、これだけ見るとすごくいい感じのイメージですが、もちろんデメリットもありました。100点満点の土地はないので、どこかで妥協も必要になってくるというのが私の意見です。

ハウスメーカー決定というだけですごい達成感があるのですが、もちろんここがゴールではなくここからスタートです。注文住宅って施主側もやること盛り沢山で本当に大変ですよね・・・。

 

まとめ

  • 桧家住宅に1万円を支払ってベストプラン申し込み
  • 桧家住宅と不動産業者さんと一緒に土地探し
  • 気になる土地が出てきたら仮押さえする
  • 桧家住宅に間取りプラン・概算見積もりをもらう
  • 提案内容が気に入れば契約を結ぶ

いかがでしたでしょうか?以上が私たちの桧家住宅での土地探しとプラン作成のプロセスでした。今日はここまで。最後まで読んで頂きありがとうございました。 

 

「記事が面白かった!参考になった!」という方は Twitterや「はてブ」でコメントくださいね!

 

スポンサーリンク  

↓ランキングに参加しています!クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク