Web Analytics Made Easy - StatCounter

atomの桧家住宅でZ空調なブログ

Z空調に惚れ込んで桧家住宅でマイホームを建てました。桧家住宅|スマートワンの特長や家づくりに参考になる情報を発信します。

ハウスメーカー選びで失敗しない たった1つのこと

スポンサーリンク

f:id:atom_hino:20200809155456p:plain

こんにちは、atomです。

今回は家づくりの失敗がテーマということで私たちの黒歴史を振り返ります。

このブログで絶賛している通り、私たちは最終的に桧家住宅で建てたマイホームには満足しています。しかし、家づくりの全てが上手くいったとは思っていません。私たちがハウスメーカー選びで、唯一失敗したと思うことを書きました。どうぞご覧ください。

いきなり●●●●●に行った

時は2015年に遡ります。atom家に第一子ができた頃。当時、住んでいた賃貸マンションの間取りは2LDK。

「ここも手狭になってくるし、そろそろマイホームなんてどうかな?」

「どこで建てるのがいいのか、お金はいくら掛かるのか、よく分からないね。」

「とりあえず近くの住宅展示場に行ってみようか。次の休みの日にどう?」

と夫婦で話し合っていました。でもいま考えればこれが失敗の始まりでした。分かる人には分かりますが、既にフラグが立ってますね。そうです。

 

失敗は「いきなり住宅展示場に行った」

 

これに尽きます。恐らく、子供を授かったご家庭がマイホームを考えてすぐ住宅展示場に行くことはよくある話かと思います。事実、住宅展示場では子連れのご家族や、奥様が妊娠中のご家族をよく見掛けました。しかし、いきなり住宅展示場に行ってはいけないと今になっては強く感じます。住宅展示場には魔物が住んでいました。

では、いきなり住宅展示場に行くと一体何が起こるのでしょうか・・・?

 

1.営業マンからセールスの洗礼

2015年のとある休日、私は妻と住宅展示場に行きました。何も知らず、テレビコマーシャルでよく聞く名前の大手ハウスメーカーを訪問。入口で事務員さんに促されるままアンケートを記入。氏名・年齢・住所・職業・勤め先・年齢・家族構成などを書きます。

ほどなくして営業マンが出てきて名刺を貰い、自己紹介を受けます。豪華なモデルハウスの説明を受けつつ、世間話を交えながら色々と質問をされました。

「どのような家をご希望ですか?」
「奥様もお仕事をされてるんですか?」
「いまは月々のお家賃ってどれくらいですか?」

今思えば手練れの営業マンから見て、私は完全にカモネギだったと思います・・・。

f:id:atom_hino:20200809223229p:plain

モデルハウスの紹介がひと段落してから営業マンの話し方が一変。

「いまの家賃より安くなって良い家に住めますよ!」
「来年の3月頃に引っ越すスケジュールでどうですか?」
「良いことしかないのに何故今すぐ決めないんですか?慎重派なんですか!?」

住宅について十分な知識がない状態で、営業マンからここぞとばかりに畳み掛けるような強い売り込みを受けることになりました。当時の私の心境はこうです。

「今日はただ単に各ハウスメーカーの特長が知りたかっただけなのに。なんでいきなりこんなに圧力を掛けられて、契約を迫る話をされているんだろう。意味がわからない。もう嫌だ。帰りたい。」

と、当時ものすごく戸惑って嫌な気持ちになったことをよく覚えています。しかし営業マンには私の気持ちなど全く関係ありません。家を売るのが彼らの仕事。こうなってしまっても当然なんですよね。

今となっては知識も経験があるので住宅展示場に行っても営業マンと対等に戦える自信はあります。しかし、何も知識を持たずに住宅展示場に行くことはあまりに無防備。

私たちは「念を知らない時のゴンとキルア」でした。

f:id:atom_hino:20200809130740p:plain

この状態では到底、ヒソカ(営業マン)とは戦えません。この日は1件訪れただけで、酷く疲れてしまいました。

 

2.安易に書いたアンケートは罠

気づかれた方もいるかもしれませんが、実はこの時既にもう1つのミスを犯していました。

ハウスメーカーで軽い気持ちで書いたアンケート。実はこれも悪手だったのです!

f:id:atom_hino:20200809230633p:plain

住宅展示場に行くと当たり前のようにアンケートに回答をしてしまいがちかもしれません。しかし、そのハウスメーカーにあまり興味がなければアンケートの回答は断るべきです。思わせぶりな態度は取らないこと。

私の場合、住宅展示場を訪問してからというもの、アンケートを書いたハウスメーカーからはフォローの連絡が相次ぎました。

後になって知った話ですが、どうやらアンケートを書くことは「私はあなたから営業されることを許します」という意思表示にあたるようです。

私は「電話に出なければそのうち諦めるだろう」と甘く見ていました。しかし、これも大きな間違い。ハウスメーカー営業マンからのアプローチは留まることを知らず、いつまで経っても毎月2~3回程度電話が掛かってきます。自宅にもイベント案内のDMが幾度となく届きました。2015年に1度だけ訪問したHMからは最終的に2019年10月頃まで営業電話が掛かってきていました。

もしあまり興味がなく「ちょっと見たいだけ」のハウスメーカーであれば「建てる会社はもう決まっているのですが、ちょっと見学してもいいですか?」と方便を使って聞いてみるのもいいと思います。

 

3.色々な施しを受けてしまいがち

どこのハウスメーカーもしのぎを削って様々なアプローチプランで私たちに営業を掛けてきます。具体的なもので言いますと、各ハウスメーカーで以下のような施しがあったことを記憶しています。

【企画系】
お弁当付きの工場見学ツアー、景品付きの完成見学会、食事つきお泊り体験会、大抽選会で最大100万円分のオプションが当たる

【お土産系】:
クオカード、ハーゲンダッツアイスクリーム引換券、ドライフルーツ詰め合わせ、ミネラルウォーター、お菓子詰め合わせ

 

施されたら施し返す 恩返しです!

f:id:atom_hino:20200809124953p:plain

f:id:atom_hino:20200809125038p:plain

こうなることをハウスメーカーは狙っています。しかし、大和田常務のように、施してもらったからといって恩返しする必要はありません。数千万円の買い物を恩返しでしないこと。ただ、安易に施しを受けてしまうと心理的に断りにくくなってしまうのも事実ですので、注意した方がよいです。

 

ハウスメーカー選びで失敗しないために

繰り返しになりますが、何も知識を持たずに住宅展示場に行くことはあまりに無防備です。住宅展示場で営業マンに会う前に、まずは注文住宅についてどういうものか・相場感はどうなのかを知ること、複数のハウスメーカーの特長や家づくり知識をつけることが重要と私は考えます。

私にとっては今更ですが、タウンライフには優良注文住宅会社の一括見積りサービスがあります。登録企業は600社以上とのこと。間取りプラン・注文住宅費用・土地探しのサービスが無料です。これは嬉しいサービスですね。


もっと早く、マイホーム検討の最初の時期にこのサービスがあることを知りたかったです・・・。私たちはハウスメーカーの特長や価格感を知るために、住宅展示場でハウスメーカーを1件1件訪問。今考えると恐ろしく非効率でした・・・。

最初にこのサービスを知っていれば、ハウスメーカー選びでここまで苦労したり、受けたくもない営業マンのゴリ押しセールスに遭うこともなかったでしょう。

>>無料で間取りプラン作成を依頼する<<

 

まとめ

  • いきなり住宅展示場に行かない
  • 安易な気持ちでアンケートは書かない
  • はっきり断らないとセールスは止まらない
  • 施されても施し返さない!恩返さない! 
  • まずは一括見積りで注文住宅の知識をつける!

いかがでしたでしょうか?住宅展示場には様々なハウスメーカーの大きなモデルハウスがあり、見学は楽しく、夢が膨らみます。

しかし、営業マンからのセールスに対等に太刀打ちできるよう、家づくりが楽しめるレベルになるように、事前に十分な知識を付けていくことは家づくりを成功させるために必須かと考えます。

そのためにはまずは無料の一括見積りサービスを使ってみるのが良いです。住宅展示場でハウスメーカーを1件ずつ周らず、時間を効率的に使い、しかも、全て無料のサービスを使わない手はありません!

>>無料で間取りプラン作成を依頼する<<

 

今日はここまで。最後まで読んで頂きありがとうございました。

「記事が面白かった!参考になった!」という方は
Twitterや「はてブ」でコメント頂けると嬉しいです! 

↓ランキングに参加しています!クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク